トップページ > 取り組み・活動報告 > 第36回西本部委員会

2014年07月07日


取り組み・活動報告

第36回西本部委員会

 
  第36回西本部委員会が、7月7日に大阪市内で開かれ、第17回定期全国大会に臨む西本部執行委員会の態度を満場一致決定した。

▲議長団

委員会は、中野(北陸総支部)・井後(四国総支部)両委員を議長団に選出し進められた。   

 

 

 

 

 

▲委員長あいさつ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
はじめに、喜井委員長は、西本部活動への御礼と、①政治動向と「集団的自衛権」の行使容認②2014春闘③情報通信市場と情報通信政策④「東日本大震災」からの復興再生⑤第18回統一地方選挙闘争--などについてあいさつした。
 

▲事務局長提案

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 日野事務局長からの各種提案を行なった。質疑・討論では、①2014春闘②今後のビリング事業③平和運動--などについて発言があり、西本部の見解を全体で確認し、「第17回定期全国大会に臨む西本部執行委員会の態度」を決定した。 
 

▲質疑・討論(中国_白井委員)

質疑・討論(九州_松尾委員)

▲質疑・討論(四国_川口委員)

▲質疑・討論(九州_砂川委員)

▲質疑・討論(九州_海蔵委員)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






最後に、喜井委員長の先唱で「団結ガンバロウ」を三唱し、委員会を終了した。
 
 

「団結ガンバロウ」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


このページの先頭に戻る