トップページ > 取り組み・活動報告 > 青年ワークショップ参加者の声

2010年02月27日


取り組み・活動報告

青年ワークショップ参加者の声

『第5回UNI-Apro/NTT労組青年ワークショップ』

「作り笑い」から「本当の笑顔」へ

出展ブース

 第五回UNIーApro(アジア・太平洋地域組織)/NTT労組青年ワークショップが二月一~四日、フィリピンのマニラで開かれ、西本部から西本社総支部・北岡執行委員が参加。感想を掲載する。

ゴミ山

 特に印象に残っているのは、実際にゴミ山(パヤタス・ダンプサイト)を見た瞬間の衝撃です。
 また、パヤタスに向かう途中でも、道路工事で掘り返された穴の中から、鉄の棒や鉄くずを引っ張り出す少年たちの姿や、街中で花束を売るために必至に「作り笑い」をしている少女たちの姿を目の当たりにし、児童労働を強いられている子供たちの存在に胸を打たれました。

 帰国し、これからの活動の中で、できるだけ多くの子供たちを「作り笑い」から「本当の笑顔」に変えてあげるために、私たちができることを考えていきたいと強く思いました。
 今回のワークショップでの貴重な体験を、総支部役員として、今後の組織活動に生かしていきたいと思います。


このページの先頭に戻る