2012年07月26日


取り組み・活動報告

福岡宣言

(西本部第15回定期大会 大会宣言) 

  西本部第15回定期大会は、「採用から65歳までの雇用制度」の確立をはじめ、山積する重要課題に対する取り組みの方向性を示し、組織の総力を挙げ取り組むとの2012年度活動方針を満場一致決定した。 

       

  その一つは、「採用から65歳まで働きがいを持って安心して働き続けられる制度」の確立に向けた取り組みについてである。 

  現行の処遇制度と対比してトータルで充実を図り得る制度とすることを基本に、「雇用形態選択制度」の廃止と既選択者に対する対応、新たな制度の確立を含め、すべての組合員が働きがいと挑戦意欲をもって安心して働き続けられる制度の確立に向け、ていねいな組織運営のもと、組織が一丸となって決着をめざす。

 

その二つは、NTT西日本グループの成長・発展に向けた取り組みについてである。

情報通信分野における構造的変化に的確に対応し、NTT西日本グループの確固たる経営基盤を築き、さらなる成長・発展に向け、中期的視点に立った事業戦略の確立に向け取り組む。

また、今後の事業戦略に対応した地域会社のあり方を含むグループフォーメーションのさらなる明確化と事業を支える人材の確保・育成の早期具現化に向け取り組む。

 

 その三つは、総合生活改善の取り組みについてである。

  非正規社員を含むすべての組合員の働きがいやモチベーションの向上に向け、事業運営や労働法制の動向等をふまえつつ、労働環境整備や労働条件諸課題の改善に向け対応を進める。

 

その四つは、組織活動の充実・発展に向けた取り組みについてである。

  「組合員に身近な組織としての存在感を高め、NTT労組トータルの組織強化につなげる」との基本的考え方のもと、より一層参加・結集でき得る組織体制の確立に向け、中央本部と連携し取り組む。

また、「仲間づくり」は組織の生命線であるとの認識のもとに、NTT西日本グループに働く労働者の総結集をめざし、全組織・職場が一体となって総力で取り組む。

 

その五つは、政治活動の推進についてである。

  緊迫した政治情勢下において、来夏の第23回参議院議員選挙における組織内『吉川さおり』の再選に向け、組織の総力をあげて取り組むことはもとより、第46回衆議院議員選挙がいついかなる時期に実施されても対応し得る万全な体制を確立し、組織内『たじま要』をはじめとする全ての推薦候補の必勝を期す。

 

 私たちは、太宰府天満宮に咲き誇る「飛梅」のごとく、強い意志と行動力を持って構造的課題にも正面から立ち向かい、「次代への基盤」を築くため、西本部5万7千人、全組合員の結集のもと力強く前進することを宣言する。

 

2012年7月26日

NTT労組西日本本部

                          第15回定期大会


このページの先頭に戻る